「妖怪とは何か?」
みんなで探求する情報コミニティサイト

妖怪館 | 妖怪とは何か?探求型情報コミュニティ

「妖怪とは何か?」みんなで探求する情報コミニティサイト

人類みな妖怪 それは生きる全ての人々と時代を繋ぐ言葉である

生きる全ての人々と時代を繋ぐ合い言葉

妖怪館トップ > 妖怪道中記 > レポート番号07から番号09 >

妖怪道中記 レポート番号07から09

狐の穴稲荷寛永寺の水呑み龍かっぱ寺の河童のレポートです。

モザイクは、偶然写ってしまった人へのプライバシー保護です。残念ですが霊障ではありません。

かっぱ寺の河童(合羽橋/曹源寺)
レポート番号09 2013/10/24


現在、業務用の調理器具やサンプルなど立ち並び賑わいを見せる 合羽橋道具街 はかつて「新堀川」と呼ばれていました。

その新堀川の由来となった河童にまつわる伝説を紹介します。

合羽橋道具街のお店 かっぱ寺

調理器具のお店のショーウインドウ

かっぱ橋の河童とは?

庶民の文化が花開いた江戸の文化年間(1804-17)の頃の話です。

雨合羽アマガッパ商を営んでいた合羽川太郎かっぱかわたろう(この名は愛称で「合羽屋喜八」が本名と思われる)という人物がいました。

川太郎が住むその場所は水はけの悪い低地で、雨が降ると雨が降ると洪水になり、人々は困窮をしていました。

そこで喜八は私財を投じ、排水をするために掘割工事で隅田川から水を流すという計画を建てました。

川太郎はかつて隅田川の河童を助けたことがありましたが、この時隅田川の河童たちが駆けつけ工事を手伝い、掘割工事は完成しました

そして、この河童を見たものは不思議と運が開けたと伝えられています。

やがて、繁栄の義人・川太郎と共に祀られ、河童は「河童大明神」と呼ばれ福の神として親しまれるようになりました。

更に、合羽橋にある交差点付近にあった合羽橋の名称はこの伝承に由来すると云われます。(地元の武家屋敷の侍や足軽が、内職で作った雨合羽を近くの橋で乾かしたから…という説もある)

河童を訪ねて

道具街のかっぱ河太郎像 かっぱ寺

かっぱ河太郎像

今は、合羽橋道具街に黄金色(?)のご立派な河童の像があります

なかなかのイケメンです。

漁師の出で立ちにも見えますが、何か由来があるのかは分かりませんでした。

河童大明神は商売繁盛の神とされています。

土地に繁栄をもたらし人々に福をもたらた河童は、商売繁盛の神へと転化していったのではないでしょうか。

月日は流れ…江戸の中心は東京という都市になり、今は合羽橋道具街へと変貌と遂げました。

不思議な土地の縁を感じます。

さて。道具街の途中を曲がり、合羽橋本通りを進んでいくと…

通称かっぱ寺と呼ばれる曹源寺にたどり着きます。

そうです。このかっぱ寺に噂の河童大明神様が祭られています。

そんなワケなので中に入りましょう。

通称かっぱ寺曹源寺 かっぱ寺

商店街にひっそりと佇むかっぱ寺こと曹源寺

境内のいたるところに

かっぱ寺の河童像1 かっぱ寺

お出迎えしてくれるかっぱのぎーちゃん

河童が

ここにも  あそこにも

かっぱ寺の河童像2と3 かっぱ寺

だいぶ河童推しみたいです

(個人的には入り口付近にいた「かっぱのぎーちゃん」がお気に入りです)

時代を感じる古い像もありますが、近年作られたと思われる新しい像もあります。

合羽川太郎の墓 かっぱ寺

合羽川太郎の墓と伝わっている石碑。

『 てつへんへ手向けの水や川太郎 』

という句が彫られています。

お堂がありました。

河童のお堂のようです。

河童大明神お堂 かっぱ寺
きゅうりのお賽銭 かっぱ寺

お賽銭箱の上にキュウリが!!!!

なんていうかこれ

キュウリのバーベキューに見えるのだが・・・

(次行くときは、キュウリ持参かな?)

お堂の中への侵入はあえなく失敗しましたが、ガラス越しに覗く事が出来ました。

曹源寺の御姿の説明には

「波に乗る(時勢の波に乗る)立像(立ち上る)で、

左手に財宝袋を持ち、

右手で客と福を招く縁起の良い御姿」

とあります。

また、河童大明神はご利益のみ与えて決して罰を与えない、神格の高い神様だそうです。

お堂の中1 かっぱ寺

合羽橋本通りで毎年7月に七夕祭りが行われます。

以前は七夕祭りの時にお堂が公開され、河童の手のミイラを見ることが出来ました

もう見ることが出来ないのかな?と思いを巡らすと、

河童の手 かっぱ寺

あった!!!

かろうじて見ることが出来ました。

他にも色々、資料や作品が展示されいるみたいです。

(中に入りたい…)

河童の正体

さて、洪水に悩まされた人々を助け今もなお河童大明神として祭られている隅田川から来た河童は、一体何者なんでしょう?

気になったので隅田川についても調べてみました。

その中で隅田川沿いにあったと云われる水神の森という名称を見つけました。

水神…これは期待できるかも知れません。

現在は隅田川神社(東京都墨田区)として現存しています。

かっぱ寺のある台東区から行くと白鬚橋を渡った先となります。

どことなく物寂しい雰囲気のあるその場所にありました。

隅田川神社 かっぱ寺

隅田川神社(東京都墨田区)入り口

神社の案内版によると、

「荒川の下流・鐘ヶ淵を越えて大きく曲がったこの地は、隅田川の落ち口(終点)で、かつて鬱蒼とした森が広がっていました。

人々からは水神の森とも浮州の森とも呼ばれて親しまれてまいりました。」とあり。

また、隅田川叢誌によると「水神船霊の両神を祀(文献では糸へん)きる故ふ水神の森と云…」

とあります。

どうやら、隅田川とそこで営みをする人たちを守護する神様が祭られているようですね。

水神であることには変わりはないが、合羽橋の河童とは関連が薄そうです^^;。

もう一つ。

元々は曹源寺(かっぱ寺)の前にあった池に住んでいて、いじめられている所を川太郎に助けてもらった後、隅田川へ移住した。』

というテキストがWebで見つけました。原文は下のリンクからどうぞ。

曹源寺(河童寺) ※[曹源寺 その③]の記事です

ネット上のみの情報で裏づけの確認は行ってません。

今回、河童の正体についてはあまり情報が得られなかったので、また何か分かればUpしたいと思います。

まとめ かっぱ寺の河童は江戸の力強さに在り

いつもお世話になりまくってる「台東区むかしむかし」(主に現代の小学生を対象にしたもの)の紹介によると、

「川太郎が工事を進めたものの私財は底を尽き工事が中止になった所で河童たちが現れ、人と河童が一丸となって(?)完成させた」

という、よりドラマチックな展開になっています。

江戸に生きる人々は、逆境・ネガティブな事柄を前向きに受け入れる特徴があると考えます。

今日でも続いている反逆のヒーローである平将門公への信仰。

もちろん現在に通じるゴシップ好きないい加減さもかね揃えてはいるが、闇を畏れると同時に受け入れ→ 一緒に乗り越えようとする。そんな力強さを感じずにいられません。

私財が底を尽き絶望的な状況になり、それを人間にとっては忌み嫌い・脅威の存在であるはずの河童が手助けし共に逆境を乗り越えた。

この河童に纏わるストーリーは、江戸に生きる人たちの特徴を鋭く捉えているのではないでしょうか。

文:妖怪館

関連リンク:

曹源寺(かっぱ寺)公式ページ

参考書籍:

台東区むかしむかし(台東区)

台東区史 通史編2

隅田川の伝説と歴史(すみだ郷土文化資料館)

河童の関連雑貨

クリックすると商品カタログページが開きます

おまけ 本通りのかっぱさんたち

かっぱ寺のある合羽橋本通りのいたるところに、楽しげな河童のアートがありました。

まとめて紹介します★

かっぱのモニュメント かっぱ寺 かっぱのモニュメント かっぱ寺 かっぱのモニュメント かっぱ寺
東京東信用金庫かっぱ橋支店前 Asakusa69diner前 肉のさがみ屋前
かっぱのモニュメント かっぱ寺 かっぱのモニュメント かっぱ寺 かっぱのモニュメント かっぱ寺
食器極楽屋陶器店前 まんとう合羽橋店前 キンヘイ薬店前
かっぱのモニュメント かっぱ寺 かっぱのモニュメント かっぱ寺
     

他にも河童さんがいるかも知れません。機会があれば探してみて下さい^^。

寛永寺の水呑み龍
レポート番号08 2010/04/02


東照宮唐門の水呑み龍 寛永寺の水呑み龍

前回に続き、寛永寺建立にまつわるお話です。

日照りから江戸の人たちを救ったと云われる、木彫りの水呑み龍です。

現在の上野動物園。園内にある小松宮彰仁親王銅像あたりに、鐘楼しょうろう(鐘つき堂)が建てられました。

かつて鐘楼があった小松宮親王銅像 寛永寺の水呑み龍

その鐘楼の柱に、4人の彫り師が呼ばれ4つの立派な龍の像が彫られました。

そこから不思議な出来事が起こり始めます。

4人の中で京から来た左甚五郎(名は甚五郎で左利きなのでそのあだ名がついた)という彫り師がいたのですが、左甚五郎の龍の柱だけが水に濡れているのでした。

やがて、数日が過ぎると今度は不忍池に龍が現れるようになります。龍は池に沈み込み、しばらくすると水の中から現れ、雨雲と共に寛永寺へ消えていく。

そんな訳で、

「左甚五郎の龍が、不忍池へ水を飲みに行く」

と噂が流れるのでした。

そして、不忍池が干上がるほどひどい日照りが続いたある夏。

同じように激しい雨とともに龍が不忍池に現れ、干上がっていた池の水がどんどん増していく。するとやはり龍は雨雲と共に寛永寺の方へ消えていきました。

あくる朝、鐘楼にある左甚五郎の彫刻の龍は濡れていたといいます。

雨雲に覆われた今の不忍池 寛永寺の水呑み龍

当時、このような川柳が詠まれました。

飲みに出た筈さ左の細工なり

「左甚五郎が作ったモンなら、水を飲みに出たって当然よ!ばーろー!!(江戸っ子風?)」という意味だそうです。

今にも動き出しそうなほど素晴らしい完成度だったという事でしょう。

有名な日光東照宮のねむり猫も彫ったのも左甚五郎だそうです。現代風に言えば、彫り師のカリスマ的存在と言ったところでしょうか。

龍が彫られたその鐘楼ですが、上野戦争の時に寛永寺の他の建物と共に焼けてしまったそうです。

江戸の匠に人々の自然への畏怖や感謝が込められた四匹の龍。月日が流れそれもやがて忘れ去られ、人々の手によって消えてしまった。。。ということですね。

しかし、

龍の彫刻のある唐門 寛永寺の水呑み龍

偶然にも上野公園にある東照宮唐門で見つけてしまいました!木彫りの龍を。

門の左右にある龍が左甚五郎の彫った水呑み龍と、東照宮では云われています。

見た感じ、ベースが金色でその上から赤く塗られていました。

公式ページによると、唐門は国指定の重要文化財だそうです。

更に、東照宮境内に割と新しめの石碑を見つけました。

平和を願う記念碑 寛永寺の水呑み龍

「何だろう?」気になって近寄ると黒い石板に、

『 二十世紀からの傅言

ともに平和と人生を語りたい

百年後の人びとよ ここに私たちの手紙を埋蔵します

二〇〇〇年八月十五日

「百年後の人びとへの手紙」実行委員会 』

※写真撮影がまだまだへたっぴで、激しく斜めになってしまった。申し訳ないです(汗。

「??(;´Д`)イキナリドシタ」

と、よく見たら、広島・長崎の火という平和を願う記念碑のようでした。

1945年に米軍から広島・長崎へ原爆が投下された時に持ち帰った火を灯し続けているそうです。

平和を願う広島・長崎の記念碑。それより前に戦火にさらされたが、奇跡的に残っていたとされる木彫りの水呑み龍。

不思議な縁を感じます。

人々の平和への強い願いが、この地に根付いているのかも知れません。

「日本も戦争に巻き込まれる」今、そう言う人もいますが・・・・。

そんな中で日本はどう在るべきか。改めて考えさせられます。

文:妖怪館

関連リンク:

東照宮公式ページ

参考書籍:

台東区むかしむかし(台東区)

水飲み龍関連雑貨 アイコン水飲み龍 関連雑貨水飲み龍関連雑貨 アイコン

クリックすると商品カタログページが開きます

狐の穴稲荷(花園神社)
レポート番号07 2009/12/12


上野公園から秋には色とりどりの木々の生い茂る、とある石の階段を下る。

すると、花園稲荷神社へたどり着きます。

花園神社入り口 狐の穴稲荷(花園神社)

さて。神のやしろに相応しく、ピンと張り詰めた空気の流れる花園稲荷神社・・・・。

狐にまつわるエピソードがあるのです。

寛永2年。徳川家に今の上野公園にあたる土地を与えられた天海僧正は、そこに寛永寺の建立を始めました。

上野・不忍池一帯は、江戸城からすると鬼門(東北)の位置にあるからです。

そんなある日。天海僧正が夜眠りにつくと狐火と共に狐たちが現れ、「自分たちの住処にお寺が建てられ暮らしていけない」と訴えます。

寛永寺が建つ前このあたりは、狐の群れや色々な動物が住んでいました。

訴えを聞いた天海僧正は、狐たちが安心して住めるように穴を掘りその横にお稲荷様をまつる祠を建てました。

そして、多くの人に呼びかけて狐のえさになる油揚げをお供えさせて、狐たちは幸せに暮らせるようになりました。

というお話です。

また、寛永寺完成時。将軍を招いた上野の山での祝いの席では、たくさんの狐たちがお礼の挨拶に来たとか。

想像するとなんともファンシーで可愛いらしいです。

さて、天海僧正が狐のために作ったといわれる狐の穴。

実は、花園稲荷神社境内に穴稲荷として実在しています。

入り口入ったところの説明では、こう書かれていました。

「 穴稲荷
正しくは忍岡稲荷しのぶがおかいなりと云い花園稲荷の旧跡である。

左奥のお社は、寛永の初め天海が寛永寺を草創の際に忍ヶ岡の狐の住みを失ったことをあわれみ一洞を作りその上に祠を建てて祀ったものと云われている。 」

穴稲荷入り口 狐の穴稲荷(花園神社)
穴稲荷入り口 狐の穴稲荷(花園神社)

狐の穴は塞がれた状態で(中がよく見ない!)、奥に小さな祠がありました。

ちょうど一人の女性が参拝に来ていました。時折、参拝者が訪れるようですね。

ということはあれ。

上野の山に狐が暮らしていたのは、実際の話のようですね。

そして、神社の人の話では、「江戸時代にも(狐を)チラホラと見かけた」との事です。

実際に天海僧正が作った狐の穴で狐が暮らしていたのかはよく分かりませんが、先住していた狐(と他の動物)が徐々に数を減らしていったのは同時に事実のようです。

今の当たり前の日常。

それは、遠い過去の歴史が重なって出来た偶然。

その陰には、犠牲となっていった命がそこにあった。

時代が流れても人々が忘れないよう、語り継がれていくよう、穴稲荷は建てられたのかも知れません。

狐の声が聞こえてきそうな… 狐の穴稲荷(花園神社)

文:妖怪館

関連リンク:

東照宮公式ページ

参考書籍:

台東区むかしむかし(台東区)

穴稲荷関連雑貨 アイコン穴稲荷関連雑貨穴稲荷関連雑貨 アイコン

クリックすると商品カタログページが開きます

「かっぱ寺の河童 続編」 「浅草の牛鬼」をシェア



ページ上部へ行く