ページ上部へ行く 
ブログ「雑記帳」

ぶろぐ 妖怪雑記帳

天狗を祀る寺 建長寺

2021年10月7日(木曜日)

神奈川で活動するチャット常連さんに、天狗が祀られているお寺を案内して貰いました(感謝!)。
江ノ島岩屋に行けませんでしたが、転んでもただでは起きません。


建長寺
北鎌倉にある建長寺。

天狗のお堂

建長寺はかなり広かったです。
東京(首都圏)も寺社は多いですが、この広さはそうそうないですね。
体感としては靖国神社くらいしょうか。(適当に言っている)
建長寺建長寺


本堂より奥にある長い階段を登っていくと、やがて天狗の像が見えてきます。
手前に複数いるのが鴉天狗。一番奥に大天狗がいます。
上下関係が伺えます。
建長寺建長寺

建長寺
鴉天狗は、ちょっと自民党の麻生さん似でした(写真だと分かりづらいかもですが)。
天狗に…なっちゃってますね…うはは!ちょっとツボでした。

建長寺
縁起がありますね。
天狗のお堂があって、名は建長寺半蔵坊というらしい。

今(2021年)から5年代前の霄(おおぞら)老師が、
霊夢で半蔵坊からお告げを受けたのが由来のようです。

霊夢といえば、夢で天狗から授かった剣術の修行内容が書かれた天狗芸術論
思い出します。
夢と天狗は深き所縁があるのか…それともただの偶然か。

建長寺建長寺
↑天狗のお堂建長寺建長寺建長寺

虫塚

建長寺
天狗のお堂からお寺の外へ向かう途中、
「現代アート的な何か?」
に遭遇しました。「虫塚」なるのものでした。

建長寺建長寺

人々に殺された、虫への供養で建てられたという。

私たちは日常的に虫を殺してますが、虫も人と同じ命ある存在。
日々罪を重ねて生きている。それを忘れてはならない。
そんな仏教的なメッセージが、込められているのかも知れません。
お寺だけにですね。

コメントはよろずノ掲示板でご自由に

しぇあ~するボタン

広告欄