「妖怪とは何か?」
みんなで探求する情報コミニティサイト

妖怪館 | 妖怪とは何か?探求型情報コミュニティ

「妖怪とは何か?」みんなで探求する情報コミニティサイト

人類みな妖怪 それは生きる全ての人々と時代を繋ぐ言葉である

生きる全ての人々と時代を繋ぐ合い言葉

妖怪館トップ > 妖怪道中記 > かつて穢れとされ、賤視(差別)されていた人々の事 >

妖怪道中記 民話・伝承編

かつて穢れとされ、賤視(差別)されていた人々の事

伝承編-妖怪レポ番号12 2019/10/27

江戸の妖怪を追ってはや何年…かはもはや把握してませんが(更新履歴見ればわかるけど)、書物あさったり話を聞きに行ったりする中でちょくちょく出てくるんですね。
江戸時代に穢多(えた)とか非人とか呼ばれ、不当な扱いを受けてきた人々の事が。

そして分かったことは、しろたは何も知らされていなかった事実。
浅草が、実はゆかり深い場所であったことすらも。

それでも自ら探し求めたら、たくさんの事が分かりました。正直、まだ理解しきれていません。

とりえず、概要だけ薄っすら見えて来た気がします。
なのでここで区切りとして、妖怪レポの一つとして纏めることにします。

最初に言っておく


ここの妖怪レポでは、明治より前に最下層と判断され・賎視や差別を受けてきた人々について調べたことを書いていきます。

私たち人類が積み重ねてきた営みの中で起きた、事実として書きます。しかし、今はこんな風にインターネットやメディアの普及で、様々な人種や価値観を持つ人々と繋がり・その違いを「個性として」共有(シェア)できる時代となりました。
なので、ここで取り上げる特定の人々に対する賎視や差別感は、もはや時代錯誤であり

今は不要なもの

であることを先に述べます。

また、ここに書いてある内容が今続いている部落差別の助長にならぬよう、細心の注意を払うつもりでいますが、もしそういう理由で改善すべき内容があれば、ご指摘なんぞ頂けると本当に助かります。

差別を受けるようになった理由やルーツを探してみた


東京品川にある「お肉の情報館」に行きました。
豚や牛の屠殺を実際に行っている食肉市場の中にあります。(だからってお肉は食べさせてくれません!)

ちなみにワタクシの携帯電話、勝手に天気情報とかいろいろしゃべるエモパーという機能で「つぶた(愛称ぶーちゃん)」を設定してます。
そのぶーちゃん、「豚丼食べたいぶ~」とかよくブラックな自虐ネタで和ませてくれますが、食肉市場にいることには終始触れてくませんでした。非常に残念です。
(シャープさん見てたら実装お願いします!)

すみません。ここからが本題です。

ぶーちゃん(つぶた)のイメージイラスト
ぶーちゃん(つぶた) 想像によるもの

そのお肉の情報館に、食肉市場に寄せられた手紙が何通か公開されていました。
なんか苦情みたいなんですけど、屠殺を行っている従業員を中傷する内容でした。

その時は
「何イミフメイなこと言ってるんじゃ、コイツらは」
と、素直に呆れるだけでした。(しかも牛鬼の記事で、「生きた牛を殺すのは神聖な行為だ」って書いたのにシクシク)
しかし、

その手紙の中に「穢多」という差別用語がありました。 実はそこに、民衆の間で差別の意識が根ざしていった理由を知るヒントがあったんですね。

特定の部落に対しての差別は、どのようないきさつ・理由があったのか。

探してみたら、部落差別問題の研究者による書籍がビックリするくらい数多くありました。人権問題に取り組む出版社が中心のようです。
またキリスト教の団体が取り組んでいる人権セミナーもあり、フィールドワークにも参加させて頂きました(仏教徒ですが…)。キリスト様マジ寛大です。

研究者によって異なる内容も当然ありますが、共通で言及されている事なんかを主軸に進めていきますよ!

仏教の伝来、そして普及

まだ「日本」がなかった頃-。
朝鮮から九州に渡って来た大和の国は、日本列島の集落(国)を次々と支配していきました。

関連ページ:神代 日本の始まり(宮中祭祀と刀剣より)

これまでは狩猟中心のスタイルだったが、大和の侵攻により農耕の生活スタイルが広まる。それと同時に「死、殺生を穢れとする」思想が初めて日本列島に広まったというのが、網野善彦氏の見解です。
やがて、農業を生業とする平民以外の人々・職能民を神域との境界を繋ぐ特別な存在として、神聖視されるようになっていった、とも云われています。

時代が進んで中世に仏教が盛んになり普及が更に進むと、仏教の「死=穢れ」の思想から「殺生を行う人々を穢れそのもの」と結び付けられるようになりました。
それは、特別な存在として神聖視されていた人たちであり、牛の皮を剥いでなめして「革」にする河原の者や刑務にあたる人々でした。

前田 速夫氏による「白の民俗学」によるとその実例として_、
今では「トイレの神様」で知られている烏枢沙摩明王(ウスサマミョウオウ)の真言がありました。
1980年初めまで配布されていた真言の一部に、このような表現があったみたいです。

或遇旃多羅 もしはえたのたぐいの
屠者等穢人 けがれたるひとをみ

芳瑩さんのブログ「神旅 仏旅 むすび旅」に真言の全部が掲載されてました。

「屠者等穢人」は文字の如くですが、その上の「旃多羅」の部分がよく分からないですね。なので軽率にググってみました。

七祖-補註8 - WikiArcによると、元はインドの最下層の「旃多羅(チャンダーラ)」と呼ばれる身分の人たちで、母をも殺す凶悪な性格を持つとされていたようです。

旃多羅の境遇は過去世(=宿業)の行いの結果によるもの。それを日本の「穢多・非人」に結び付けられ、差別の合理化を支える役割も果してきた、とあります。戒名として刻まれることもあるようです。

また、<「旃陀羅」差別問題>学びを深めていくでは、仏教の旃陀羅もまた解決すべき現代の差別問題として取り上げています。

以上のことから、稲作と同時に大陸から渡って来た仏教思想が盛んになっていった。その時歪んだ形に転じて穢れの概念となった(もしくは旃多羅の考え方がそのまま継承された)のが、賎視の大きな要因の一つではないかと考えます。

戦国時代から近世の差別の固定化

さっきまでは宗教の影響・メンタル面の話でしたが、政治面でもいろいろあったようです。

まだ鬼や妖怪が現実のものであった時代。上に書いた通り、農耕以外を営む人々・死に関わる職の人々を神聖なものと畏れると共に穢れたものとして、忌避(きひ)していたいました。
戦国時代では、特殊な能力を持つとされた「職人」の中には戦国大名とともに参陣し、大きな活躍をした者もいたそうです。戦の武具調達に不可欠な皮革職人も戦国大名には欠かせない存在でした。

「天下泰平」と書かれた軍配団扇のイラスト

イラストACさんより

しかし、笹本 正治著「戦国大名と職人」によると、
「近世に直接つながる職人身分が確定された時であり、職業による差別意識が改めて大きくなる時代でもあった
とあります。
戦国大名が国を安定させると、再び社会秩序を強固なものにするために、身分制も強化せねばならなかった。
それと、後の江戸時代の固定身分制度の前段階で、「職業の固定化」が進んでいったのも職業差別が強化されていった要因とも言われています(「中世の分業と身分制」脇田晴子氏)。

他には、織田信長やほかの戦国大名が、寺社などこれまでタブーとされた神聖な場所へ介入(比叡山を焼き討ちとか)していった事。各地で職人が増加したころにより、一般の人が身近に感じるようになった事。
この二つの理由で職人に対しての畏敬の念が薄れていったと、同書「戦国大名と職人」にありました。

つまり、職人に対して抱いていた「神聖なものとしての畏れ」と「穢れたものとしての忌避(きひ)」のうち、「畏れ」が薄れ、それにより「忌避」(賤視)が強まっていったということになるでしょうか。

江戸時代での被差別民


さて、これまで調べた内容を振り返ると_

戦国時代が終焉をむかえ、死穢などに関わる人々への賎視は、

  • 身分による職業(役割分担)の固定で職業差別が強化
  • 神聖視が薄れたことで、穢れたものとしての忌避が高まった

この2つが大きく変わりつつ、安定した江戸の政権が始まるわけです。
平和と安寧の陰で、差別という偏見が目が一層強まっていったと言えましょう。

う~む。
よくある清く美しいユートピアな江戸の話とは、ちょっぴりかけ離れそうな予感(;|| ̄▽ ̄)。

弾左衛門 その支配について

まぁそれはさておき。

江戸時代の被差別民を知るうえで、外せない人物がいます。

長吏頭 弾左衛門です。

ネットの辞書や一部の出版物では、「穢多頭」「非人頭」と表現されています。
「穢多」の呼称は、徳川吉宗が幕府のお達しに使ったことに対して、「ひがごと(どうりに合わないこと)」だと言って弾左衛門自ら町奉行所に抗議したこともあったそうです。(人権文化セミナー連続講座より)
穢れ多き者。人権への配慮や蔑まれた人々への優しさが足りない表現だなって思ったので、うちではその書き方はしないです。

弾左衛門は徳川による江戸幕府が始まりから何代にも渡り、長吏・非人・猿飼い(猿回し)の頭としての権限を持ち、幕府公認で関東を中心に独自に支配していました。

  • 「長吏」というのは、河原の者とも呼ばれ「生命の死→穢れ」に関わる仕事を担う人々。
    牛馬を屠り、解体などの処理をし、戦の武具などの素材を作るための皮革。それから武具や太鼓などの製造や販売も。製薬や医療にも関わる。
  • 「非人」は、ライ病(ハンセン病)患者も含まれ、豊作を願ったり新年の訪れを祝う芸能で喜捨(お布施)をもらって生活する人々。

書籍や研究資料などを見ると長吏の役割を非人が行ってたり、なんだかよく分からないんですが(すみません厳密な区分が無いのかも)、
いずれも生と死・もしくは神域との境界に関わる人々。それ故に「平民」と異なるとされ、差別の対象であった人々です。

弾左衛門の屋敷があった浅草高校
弾左衛門の屋敷があった浅草高校

写真にある高校は、弾左衛門の屋敷があった場所。手前にある公園は、かつて「山谷堀」と呼ばれ水路になっていました(案内板に書いてあった)。

人権文化セミナーの資料によると、敷地面積740坪とあります。その広大さから、江戸内で相応の権力・豊かな財力を持っていたことが伺えますね。

「(略)その裕福なるは町屋の分限者に倍するもありて家居また甚だ大きし、しかれども大旨家業穢悪にしてたまたま通行しながらも見るに忍び難し、(略)」
歴史の中の聖地・悪所・被差別民―謎と真相「遊歴雑記」より

活躍 社会への貢献

その一

ちょっと現代の話になりますが_
今の東京・浅草にはたくさんの靴屋さんがあって、同じ台東区の浅草橋では革の問屋さんや革製品のお店をよく見かけます。
その理由は、幕府が終わった明治初期に末代弾左衛門・弾直樹とその仲間たちによって、皮革産業の基盤を作り上げ・発展させたからと伝えられています。

東都製靴工業協同組合のHP「浅草に靴屋さんが多いのはなぜ?」

その二

また、江戸ではお仕置き御用の役で、刑死者の遺体の腑分け(解剖)を行っていました。
小塚原刑場のあった回向院(東京都荒川区)に、杉田玄白ら蘭学者たちが腑分けを見学したことで解体新書を完成される手掛かりを得た内容が、案内板に書かれていました。

回向院案内板「蘭学を生んだ解体の記念に」

その三

あと室町時代に戻りますが、当時書かれた後愚昧記(ごぐまいき)のとある箇所に

「此の如き散楽者は 乞食の所行なり。」

とひどい言いようで書かれた一文がありますが、「乞食の所行」は後世日本の伝統的な芸術として昇華することとなりますよ。
「此の如き散楽者」というのは、能で知られる世阿弥ですからね。

江戸時代での被差別民で感じたこと

知れば知るほど賎視の対象であった人々は、江戸の社会の中で重要な役割を果たし、今の産業・医療・文化と様々な分野に貢献していたことが分かってきます。
しかし、ここでひとつ疑問です。

当時賎視されていた人々は、ただ忌み嫌われるだけだったのでしょうか?
治水工事を手伝った河童がその人たちだったと仮定した場合、特に重要になってきます。

ここからは想像ですが_

江戸という都市に人が集まり平民と被差別の民と距離として身近にはなれど、幕府ではなく弾左衛門の支配下にあり身分が区別される。

平民の人々から見て、「異質な存在で境界の先の、異界の者」であることに変わりはないのではないか、と思います。

第二章では「近世になって神聖なものとしての畏れが薄れていった」と書きました。しかし、

蔑まれながらも自分たちとは異なる世界・日常とは別の世界で、力強く生きていく人たち。
そこに、畏れ敬いや憧れの念を抱くことも少なからずあったのではないか?、と個人的に思います。

実際の被差別民は同じ人であるのに変わりはないのですが、その心情は現代の人々が妖怪へ抱く心情に似ているのではないか、とも思いました。

あとがき


江戸時代に確立した差別制度は、幕府が終焉し明治になって身分制度と共になくなりました。
しかし、差別意識はなくならず今もなお続いています。

抱えきれないほど膨大な情報が得られたのは、部落差別問題として解決に取り組む出版社からたくさん発行されていて資料が充実していたこと。
もう一つ、人権問題として取り組む団体のセミナーで直接話が聞けたことです。
それもこれも、長い歴史の中で引き継がれてきた人類平等への強い願いがあってのことだと思います。

靴屋さんが並ぶ東浅草の街並み

靴屋さんが並ぶ東浅草の街並み

セミナーでは「隠すことより知ってもらうことが大事」と講師の先生は話していました。
また実際に言われもない差別を受けた人が、その理由を知りたいと感じることもあるそうです。

私は被差別部落の生まれでもなく、身近に差別的な言動をする人もいません。
なんの先入観もなく(無知とも言う)飛び込んだ訳ですが、紐解いていくと穢れの忌避に同居する神聖視・各分野での活躍や貢献など、その内容は興味深く時に魅力的に映りさえします。

よくネットなんかで
(おっとこのテキストもネットでしたね!)

「部落差別問題は知る人がいなくなって自然消滅するんだから、蒸し返さないでそっとしておいた方がいいんだ。」

という発言を見みます。

いやうん。私も同じ考えが何度も脳裏によぎりましたよ。
しかし、これまで見聞きした内容を振り帰ると、やっぱり内容伝えたいって思うんです。
少なくとも真摯に人権問題として向き合い、「知ってほしい」人と「知りたい」人がいるのは事実なのだから。

というよりそもそも、浅草の郷土を知る上で外せない内容でしたね。
自分の通っていた高校に弾左衛門の屋敷があったなんて誰も教えてくれなかったし、まず「弾左衛門って誰ーェ?!」状態だったし、これって郷土の過去の出来事として発信すべきじゃなかろうか。
なんかもう、江戸の妖怪を伝えるものとして、むしろ使命感が沸いてきました。

なぜなら、 人を知ることは妖怪を知ることで、妖怪を知ることは人を知ることだからです(`・ω・´)キリ。

そんなわけでしばし悩んだ末、妖怪レポのひとつに加えさせていただきました。

あ。高校は自転車で通えて楽だから入学しました(どうでもいい情報)。

今回の妖怪レポは、此れにて終了です。
次回は妖怪情報サイトとしての本題、河童と牛鬼について新たに分かったことや気付いたことをUPしていきますよ!

最後の最後に、外部の者を講座に受け入れて頂いた日本キリスト教協議会様、いつも郷土資料でお世話になっている台東区中央図書館様にお礼申し上げます。
有難うございました。

文:妖怪館

参考図書・資料

Amazonで入手可能な図書にはリンクを貼っています

江戸の妖怪しおり

クリックすると商品カタログページが開きます

「かつて穢れとされ、賤視(差別)されていた人々の事」をシェア



ページ上部へ行く