「妖怪とは何か?」
みんなで探求する情報コミニティサイト

妖怪館 | 妖怪とは何か?探求型情報コミュニティ

探求型妖怪情報コミニティサイト

人類みな妖怪 それは生きる全ての人々と時代を繋ぐ言葉である

生きる全ての人々と時代を繋ぐ合い言葉

妖怪館トップ > 妖怪道中記 > かつて穢れとされ、賤視(差別)されていた人々の事 > 回向院案内板「蘭学を生んだ解体の記念に」

回向院案内板「蘭学を生んだ解体の記念に」

小塚原刑場のあった回向院(東京都荒川区)にある案内板、「蘭学を生んだ解体の記念に」の内容です。

撮影した回向院案内板
撮影した回向院案内板

書いてある文

一七七一年・明和八年三月四日に杉田玄白・前野良沢・中川淳庵等がここへ腑分を見に来た。 それまでにも解体を見た人はあったが、玄白等はオランダ語の解体書ターヘル・アナトミアを持って来て、その図を実物とひきくらべ、その正確なのにおどろいた。
その帰りみち三人は発憤してこの本を日本の医者のために訳そうと決心し、さっそくあくる日からとりかかった。そして苦心のすえ、ついに一七七四年・安永三年八月に、「解体新書」五巻をつくりあげた。
これが西洋の学術書の本格的な翻訳のはじめで、これから蘭学がさかんになり、日本の近代文化がめばえるきっかけとなった。 さきに一九二二年奨進医会が観臓記念碑を本堂裏に建てたが、一九四五年二月二十五日戦災をうけたので、解体新書の絵とびらをかたどった浮彫青銅版だけをここへ移して、あらたに建て直した。

一七七一年・明和八年三月四日に杉田玄白・前野良沢・中川淳庵等がここへ腑分を見に来た。 それまでにも解体を見た人はあったが、玄白等はオランダ語の解体書ターヘル・アナトミアを持って来て、その図を実物とひきくらべ、その正確なのにおどろいた。
その帰りみち三人は発憤してこの本を日本の医者のために訳そうと決心し、さっそくあくる日からとりかかった。そして苦心のすえ、ついに一七七四年・安永三年八月に、「解体新書」五巻をつくりあげた。
これが西洋の学術書の本格的な翻訳のはじめで、これから蘭学がさかんになり、日本の近代文化がめばえるきっかけとなった。
さきに一九二二年奨進医会が観臓記念碑を本堂裏に建てたが、一九四五年二月二十五日戦災をうけたので、解体新書の絵とびらをかたどった浮彫青銅版だけをここへ移して、あらたに建て直した。

一九五九年 昭和三十四年三月四日


ページ上部へ行く